Facebook広告で見たセミナーに興味を持ったので、ちょっと足を運んでみました。その名も、『カメラマン全力授業』体験セミナー。会場は撮影NGだったので、写真は貸し会議室のこれのみです。

小椋翔って誰?

10代でヒッチハイク・原付旅をし、20代でミュージシャンとしてデビュー、30代で企業家としてビジネスを展開している人らしいです。

今回のセミナーに参加するまでは全く知りませんでした。

以下の著作もあります。フォレスト出版からです。アマゾンの評価が悪いのですが、それは今回のセミナーに参加して理由がよく分かりました。

『カメラマン全力授業』体験セミナーの内容は・・

いきなりヤバイ所に来たと思った

10分前に会場に到着したのですが、すでに小椋翔氏がマシンガントークで話始めているところで、かなりドン引きしました。とにかく見たこともないようなハイテンションなのです。

冒頭、自分には経営の師匠がいる、という話から始まりました。

「その人は、かの有名なジェームズ・スキナー氏です!」

ジェームズ・スキナー氏は7つの習慣を日本に持ち込んだことで有名ですが、小椋翔氏はこの人の経営塾に入っているそうです。

「その経営塾ですが、500万円払ってます!!!」

ああ、これヤバイヤツだ。

もうこの時点で、このセミナーの落とし所がチラ見えした感じです。

つまり、師匠が高額サロン運営で稼いでいる=その弟子も恐らくは・・

ということです。

内容の8割は7つの習慣その他の自己啓発セミナー

で、内容の8割は、7つの習慣やその他の自己啓発セミナーの内容でした。

  • 自分の使命(ミッション)を見出そう! ⇦ 7つの習慣
  • インサイドアウトです!⇦ 7つの習慣
  • 人生で大切なのはお金じゃない!

などなど。。

途中、あれ、今日なんのセミナーに来たんだっけ!?と所々わからなくなる自分。

ただ、参考になる部分もあった

ほぼ怪しいセミナーだった訳ですが、学ぶところもいくつかありました。3000円と3時間を投資したのですから、元は取りたい。

徹底した逆算マーケットイン思考が必要

一つ学んだのは、カメラマンで稼ぐために必要なのは、カメラの腕よりも「徹底した逆算マーケットイン思考」だということ。

一流と呼ばれるカメラマンが稼げるかというと、必ずしもそうではなく、お金に困っている人はたくさんいるそうで、確かにそうかもしれません。

稼ぐためには、お金を払ってくれる顧客が求める写真を理解して、そこから逆算してビジネスを組み立てていく必要がある。

顧客の期待を満たせることができれば、エントリーレベルのカメラでも全然仕事はできるとのこと。

単価を上げることが必要

カメラマンは時間を切り売りしなければならない職業ですが、効率よく稼ぐためには単価を上げる必要があります。以下は単価を上げるためのアイデア。

  • 高額なカテゴリに参入する。カメラマンの中では、やはりウェディング単価が高い。ハワイなど観光地の単価も高い。
  • 自分のブランディングを高めると、高い値段でもお客が来る
  • オプションサービスを売る。例えばアルバムとか
  • 着付けなど他のサービスとセットで販売する
  • カメラマンの出張サービスを自分で主催する

リピーターを獲得する

リピーターの獲得が大切。

  • ライフステージを時系列で攻略していく。ウェディング、マタニティ、新生児、七五三・・・

最後の30分はひたすらに高額セミナーの勧誘

で、最後の30分はひたすら高額セミナーの勧誘です。

勧誘の前の自己啓発メッセージが酷い。

「皆さん、人がする3つの言い訳を知ってますか? 時間がない、お金がない、自信がない、この3つです! 言い訳ばかりする人生を過ごしたいですか? 過ごしたくないですよね?」

で、高額セミナーの紹介。8回3ヶ月のコースで、お値段まさかの65万円!!!

参加する時間がない? 言い訳です。

参加するお金がない? 言い訳です。

参加する自信がない? 言い訳です。

逃げ道を事前に塞いでの勧誘。酷い。

「でも、皆さんに朗報があります! 今日この会場で申し込んでくれた方は、39万円でこの講座を受講することができます! おまけにカメラも差し上げます!」

「さらにさらに、特典として、600万円相当の特典講座も多数ついてきます!」

600万円相当の特典講座とは、過去に小椋翔氏とその仲間たちが参加した高額セミナーの内容を元に作った特典らしいです。

「では、この場で申し込んで良い、という方は、小さく手をあげてください!」

驚いたことに、40人くらいの参加者のうち、5、6名が挙手。サクラも混じってるのか勘ぐりたくなります。

僕はここで耐えきれなくなり、退出。この日の冒険が終わりました。

まとめ

久しぶりにビジネスセミナーなるものに参加しましたが、いろんな意味ですごい内容でした。

しかし、今回高額ビジネス塾「カメラマン全力授業」に入塾された方の収益が、そのままジェームス・スキナー氏に支払う500万円の原資になる流れが見えたのは僕だけでしょうか。。

興味を持たれたら、まずはこの書籍を読んでみてください。セミナーに参加するよりも安いです。笑